口座開設の手順

【Liquid】口座開設手順を1から解説!初めてのあなたも10分で簡単にできる仮想通貨取引所の開設方法

Liquidホームページ

Liquid by coinの口座開設の流れについて、実際の画像を使って手順を説明します。
Liquid by coinは国内の取引所で信頼性も高いです。

Liquidとは

LiquidはQUOINE株式会社が運営している仮想通貨の取引所です。
金融庁からの仮想通貨交換業者として登録もされているので、信頼性も高いです。
正式な名称は「Liquid by coin」で、2018年9月にQUOINEXからブランド名が変わりました。

Liquidの口座開設方法

Liquidの口座開設は、仮登録の後に本登録をする必要があります。
もちろん仮登録と本登録のどちらについても無料で行えます。
銀行の口座を作るのと同じイメージですね。

Liquidのホームページへアクセス

まずは、Liquidのホームページへアクセスし、仮登録の申請を行います。

下の画像をクリックするとLiquidにアクセスできます。

Liquidホームページ

Liquidのホームページに移動したら、「新規登録はこちらから」の部分をクリックします。

居住地国の登録

居住地国を選択し、「次へ」をクリックします。

Liquid居住地国の選択

詳細情報の登録(仮登録)

口座情報の詳細入力画面で、下記の情報を入力します。

  • 口座種別
  • メールアドレス(フリーのものでも問題なく使えます。)
  • パスワード
  • 日本国外の居住地の有無(無いことが必須)
  • 米国納税義務
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 国籍
  • 外国の重要な公人であるか
  • 取引を行う目的
  • 住所
  • 携帯番号
  • 職業
  • 主な収入源
  • 年収
  • 投資可能資産
  • 投資目的
  • 投資経験

全ての項目の入力が終わったら、「次へ」をクリックします。

Liquid口座情報の入力 Liquid口座情報の入力2 Liquid口座情報の入力3 Liquid口座情報の入力4 Liquid口座情報の入力5 Liquid口座情報の入力6

詳細情報の確認

口座情報の詳細入力で記載した内容が間違っていないことを確認します。(チェックボックスにチェック)
Liquidの利用規約に同意し(チェックボックスにチェック)、「次へ」をクリックします。

Liquid口座情報の確認 Liquid口座情報の確認2 Liquid口座情報の確認3 Liquid口座情報の確認4 Liquid口座情報の確認5 Liquid口座情報の確認6

以上で、仮登録が完了となります。

本登録の申請

登録したメールアドレス宛に、本登録への案内メールが送付されるので確認します。
メールに記載されているリンクをクリックし、本登録を行います。
Liquidアカウント確認メール

以上で本登録は完了です。

2段階認証の設定

口座のセキュリティを高めるために2段階認証の設定を行います。

ログイン画面に進み、「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

Liquidログイン画面

初回ログイン時に2段階認証設定の確認がされるため、「2FAを設定する」をクリックします。

Liquid2段階認証の設定

サイトのテーマを決められるので好きなテーマを選択し、「設定を保存する」をクリックします。

Liquidテーマの設定

「セキュリティの設定」画面に移動するので、「2段階認証を有効にする」をクリックします。

Liquid2段階認証の設定2

2段階認証の設定画面に移動するので、2段階認証アプリ(Google Authenticator)を使い、QRコードを読み込んでください。

※2段階認証アプリが分からない場合は、「おまけ」を参照してください。スマートフォンに2段階認証アプリを導入する方法と使い方を記載しました。

LiquidQRコードのスキャン

QRコードを読み込みが完了したら、「手順2」の欄にワンタイムパスワード(6つの数字)を入力し、「2段階認証を有効にする」をクリックします。

LiquidQRコードのスキャン2

「2段階認証」の欄が「認証済み」になっていることを確認してください。

Liquid2段階認証の確認

 

Liquid本人確認書類画面へ移動

メールアドレスの登録が終わると、登録したメールアドレスに認証メールが送られます

本人確認書類の登録

口座を利用するためには、本人確認書類の審査が必要となります。
審査用の書類をアップロードします。
まずログイン画面に進み、「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

Liquidログイン画面

人型のマークをクリックし、「ステータス:書類未提出」欄をクリックします。

Liquid本人確認書類画面へ移動

「口座審査状況」の確認画面に移動するので、「口座の認証をするにはクリック」をクリックします。

Liquid口座の認証

個人認証画面に移動するので、「本人確認書類の種類」を選択します。
選択した確認書類の画像をアップロードします。

Liquid本人確認書類の登録

本人確認書類の欄をクリックします。

Liquid本人確認書類の登録2

該当の画像ファイルを選択し、「開く」をクリックします。

Liquid本人確認書類のアップロード

「本人確認書類3」の欄に自分の顔写真をアップロードします。
「本人確認書類3」の欄をクリックし、該当のファイルを選択してください。

ファイルの選択が完了したら、利用規約に同意(チェックボックスにチェック)した後、「本人確認書類をアップロードする」をクリックします。

Liquid本人確認書類のアップロード2

個人認証のステータスが、「書類審査中」になったら、登録完了です。
後は、審査が終わるまで待ちましょう。

Liquid本人確認書類の審査状況確認

審査が終われば口座開設は完了ですので、自由に仮想通貨の取引ができるようになります。

おまけ(2段階認証アプリの導入方法)

2段階認証設定時に2段階認証アプリが必要になるので、導入方法について解説します。

まず、お持ちのスマートフォンに「Google Authenticator」のアプリをインストールします。

Google Authenticatorのインストール

Google Authenticator」を起動し、「+」ボタンを押します。

Liquid2段階認証アプリ導入方法

「バーコードをスキャン」をタップし、QRコードを読み取ります。
読み取りが完了すると、Liquid用の2段階認証キーが表示されるようになります。

Liquid2段階認証アプリ導入方法2

以上で2段階認証の設定は完了です。

まとめ

今回は仮想通貨の口座である「Liquid」の開設方法について説明しました。

仮想通貨交換業者として登録もされているので、信頼性も高く、日本の取引所なので入金もスムーズに行えます。

これから仮想通貨をやりたい人はぜひ口座の開設から始めてみてください。