取引所

1から手順を解説!OKEx(オーケーイーエックス)を10分で口座開設する

 

「通貨価値が下がってると思われてる?今がチャンス!!あれ、でも・・・欲しいアルトコインが日本の取引所では購入できない……」そうお思いの方いませんか?

そこで一度、海外取引所に目を向けてみるのも良いかもしれませんね。OKEx(オーケーイーエックス)は、世界の取引所の中でも取引量が多く、豊富なアルトコインを揃える有数の仮想通貨取引所です。OKEx(オーケーイーエックス)の口座解説方法について解説!

OKEx(オーケーイーエックス)とは?

OKEx(オーケーイーエックス)取引所は、BinanceやHoubiと並ぶ中国の三大仮想通貨取引所の一つであり、世界最大級と言える香港に拠点を置く取引所です。

OKExでは、100種類以上の仮想通貨(トークン)でトレードができます。その際、取引可能な通貨は、BTC、ETH、USDT、OKB(OKExの独自トークン)の4種類となります。日本在住の方がOKExでコインを購入する場合、国内の取引所からBTCやETHを送金することになります。

日本語は非対応ですが、口座の開設方法丁寧に解説していきますので、この機会に英語での登録方法を覚えて登録してしまいましょう!

仮想通貨に関する英語はそれほど多くないので、解説に従って登録すれば恐れることはありません!アルトコインを取引できる海外の取引所を抑えておき、機会を逃さないようにしましょう!

OKEx(オーケーイーエックス)の口座開設方法は?

Okexの口座開設方法を解説します。

まずはホームページに行きましょう。右上の「Sign Up」をクリックします。

OKEx_ログイン

日本語は非対応です、別の言語を選びましょう。今回は英語を選んで話を進めます。

OKEx_ログイン

“Sign Up”項目を入力します。パスワードを埋めてから”Get Code”ボタンを押します。

OKEx_ログイン

一行目に入力したメールアドレス宛にOKExからメール届いているはずです。

Verification codeである6桁を、60秒以内に、2行目に入力しましょう。

OKEx_ログイン

無事に入力が間に合ったら、”Sign UP”を押して次に進みます。

OKEx_ログイン

下記のようなメールアドレスが届いていれば登録成功となります。

OKEx_ログイン

ひとまず、アカウント登録は完了です。登録を終えると解説ページに移動します。

一通り説明を受けるか、または、”I will check later”を押して後回しにしましょう。

OKEx_初心者 OKEx_初心者 OKEx_初心者

OKExの認証設定は、堅牢性を意識した作りになっています。

続いて、認証設定を行っていきましょう。

 

認証設定を10分で終わらせよう

 OKExのメイン画面は、画像のような感じです。Accountの”portfolio”を見ると、

入金などは行っていないので、まだWalletもTradingも0のはずです。

OKEx_認証 OKEx_認証

メールアドレスの部分をクリックすると”Verification”が出現します。”Verification”をクリックしてみましょう。

OKEx_認証

 

“Level 1 verification – Basic”で、パスポート番号等を入力し、”Submit”します。

取引額の制限されたモードが解除されました。赤線のトレードのみ、可能となりました。

 

 

”Security”項目を見てみます。”Change”を押してセキュリティーを設定していきます。

今回は”Google Authenticator”の認証設定から始めてみます。”Settings”を押します。

”Google Authenticator”をインストールしていない場合、1.のバーコードを読み取ります。インストール済みの場合は手順を飛ばしてokです。

 

2.のバーコードをスキャン、または、手動で入力にKeyを入力して、OKExを登録します。

OKExの6桁コードを”Google Authnetication”欄に入力し、”Get Code”を押します。

続いて、”Email code”欄に、メールアドレス宛に届いている6桁コードを入力し、問題なければ、”Confirm”を押して進みましょう。

   

次に”Setting Phone Number”を登録。携帯番号を入力し、”Get Code”を押します。

 

挨拶SMSが来ますので、返事をしてましょう。30分以内の入力を促す文章が返されてきます。更に続いて、6桁コードを示す文章が送られてきます。

OKEx SMS認証

空欄であった”SMS code”欄に6桁を入力し、次の”Get Code”を入力します。

 

メールを開いて6桁コードを確認します。”Email code”欄に6桁を入力し、最後に

“Google Code”欄が空いていますので、”Google Authentication”の6桁を入力します。

問題なければ、下記のように、スイッチ”On”(緑)にスライドされているはずです。

また、この時点で、SMSに携帯番号が紐づけられた!という趣旨の返信が来ています。

今までの設定を確認しましたら、Fund Passwordに移るため、”Setting”を押します。

 

 

OKEx SMS認証

 

“Bind Fund Password”画面にて、管理者用のパスワードを設定します。

ログインのパスワードと同じだと先に進めなくなりますので、独自のパスワードを入力しましょう。2回入力し、問題なければ、再々度、”Google Auhtnetication”の6桁を入力し、”Confirm”ボタンを押します。

 

 

この時点で、管理者用パスワード設定が成功していれば、メールが届いています。

 

今までの設定を再度、確認してみましょう。Fund Password Verifyがデフォルトで”Even 2 hours”となっているはずです。

取引や出金時に必要となる項目なので、適切な設定を選んでおきましょう。

更に、ログイン時にもセキュリティを強化したい場合は、”Enable Google Authenticater”をオンにするため、6桁を入力することになります。

 

他に、”Anti-phishing Code”の設定はスキップしていますが、こちらは任意で行いましょう。以上で、2段階認証の登録は完了です。

 

OKExの本人確認方法とは!?

OKExの本人確認に関して少し触れておきます。

OKExでは、本人確認レベルに応じて出金制限がかかる仕組みになっています。出金制限は24時間ごとにかかり、レベル1では2BTCまで、レベル2では100BTCまでと、レベルに応じて異なります。取引をする場合、レベル2まで上げておくのが望ましいです。

レベル1には引き上げ済みのはずです。続いてレベル2に引き上げるには、詳細な本人情報の入力と本人確認書類データの提出が必要です。写真のアップロードでも可能です。

  

OKExの未来は!?

取引方法も様々であり、トークン取引、インデックス取引、C2C取引、先物取引の4つの取引項目から仮想通貨の売買を行えます。ビットコインの先物取引においては、毎日約1.5億ドルの取引量があるとされています。

レバレッジ取引ができるからといって初心者が安易にトレードを行うのは危険です。余裕ある資金を持ち、現物取引での経験を経てから、まずは少額でチャレンジしてみましょう。